認定補聴器専門店について

認定補聴器専門店とは?

「認定補聴器専門店」とは、(財)テクノエイド協会認定の「認定補聴器技能者」が在籍し、お客様の耳に補聴器を合わせるための設備機器などについての(財)テクノエイド協会 認定審査基準をクリアしたお店だけに与えられる資格です。この「認定補聴器専門店マーク」は、いわば技術と安心の目印です。

聞こえの原因には、加齢によるものや病気によるもの等と違いがありますので、耳鼻科で受診してください。そして、医療機器である補聴器の設定や調整には、専門の耳鼻科医との連携が必要となります。
この補聴器の調整に必要な種々の測定機器や設備を駆使して、聞こえの不自由な方により良い補聴器をご提供するためには、一定水準以上の知識と技能を備えた「認定補聴器技能者」の存在がとても重要になってきます。


聞こえの悩みは人それぞれ違います。
「認定補聴器専門店」は。専門技能を持った補聴器のプロと、整った設備、医療機関との連携で、皆様の多様なニーズに対応し、補聴器効果の確認を行います。そして、万全なアフターケアをお約束します。

「補聴器を選ぶなら、どんな店が安心?」「聞こえの相談はどこまでできる?」そんな疑問や不安を感じた時、一番の目安となるのが、「認定補聴器専門店」のマークです。


認定補聴器技能者とは

「聞こえになったら補聴器を付ければいい」
・・・単純にそう思ってはいませんか?

「補聴器(ほちょうき)」という文字と語感から「補聴器を買って付けさえすればちゃんと聞こえるようになる」とお考えの方が多いのですが、通信販売で補聴器を買ったり、人から贈られたものを耳に付けても、残念ながら期待する聞こえは得られません。

補聴器は聞こえに合わせて調整して用いるもの。
調整の良し悪しでその効果が左右されます。


日常生活で聞こえなくて困っている状況や「どのような生活シーンで、どのくらいの聞こえがちょうどいいのか?」など、まずは補聴器に期待することを、一度認定補聴器技能者にじっくりとご相談ください。

最適の調整により、あなたの聞こえ能力が最大限に発揮できるように努力させていただきます。

技能者は次のような教育を受けています。

補聴器技能者基礎講習会(5日間)

指定講習会

  • 販売実務経験3年
  • 耳鼻咽喉科専門医の指導を受けている者
3年
補聴器技能者講習会(5日間)

指定講習会

  • 販売実務経験2年
  • 耳鼻咽喉科専門医との連携を持つ者
2年
認定補聴器技能者試験(1日間)

合格

指定講習会

  • 販売実務経験2年
  • 耳鼻咽喉科専門医との連携を持つ者
5年
認定補聴器技能者証更新時講習会(1日間)

更新

認定補聴器技能者カード

認定補聴器技能者になるためには、5年間の実務経験を持ち、一定水準以上の知識と技能を有し、(財)テクノエイド協会の資格試験に合格することが必要。
補聴器専門職に対するこの資格制度は、聞こえ者への補聴器の適切な供給に役立つことを目的としています。