結露にご用心

2017/02/14

まだまだ寒い日が続きますね。

補聴器も空気電池も温度差がすごく苦手です。

補聴器のクリーニングにご来店頂いた際、耳掛け補聴器でよくチューブ内に結露が発生している事があります。

DSC_0040[1]

☝お預かりした結露のついたチューブ  見えにくくてすみません(;´・ω・)

 

窓ガラスも家の中と外気温の差があると結露がおこるように、補聴器のチューブ内にも同じことが起こります。

この結露が発生していると聞こえもあまり良くないことが多いのです。

エアブロワーなどで水分を飛ばしていただいたり、可能であればお店にクリーニングにお越しいただけるとチューブや耳栓の他にも、補聴器の乾燥もいたします

 

 

DSC_0041[1]

お客様の補聴器はクリーニングと結露予防の防滴チューブへ交換!